結婚相談所の比較 | 結婚相談所 大阪 | 婚活相談なら大阪の結婚相談所JMC
結婚相談所 大阪 | 婚活相談なら大阪の結婚相談所JMC

結婚相談所の比較

結婚相談所の比較

  • HOME »
  • 結婚相談所の比較

結婚は数々の決断が必要な、人生の中での大きなイベントです。出会いの第一歩を踏み出すにあたって、一般的な結婚相談所について理解を深め、間違いのない結婚相談所をお選びください。そのために、まずは結婚相談所の比較をしてみましょう。

一般的な結婚相談所

結婚相談所業界の料金設定について、専門家からの参考アドバイスを掲載いたします。

会員期限について

会員資格は2年の期限付きが一般的です。
(入会金は15~25万円、月会費は1万円くらい、成婚料は不要)
結婚が決まっても決まらなくても、2年間で約42万円くらいの費用がかかります。
※ 結婚情報サービス会社(お相手紹介がメインの相談所)に多い料金システムです。

会員更新料について

期限付きの場合、更新すれば有効期限を延長できます(更新費は5万円くらい)。
(入会金は25~35万円、成婚料は20~40万円くらい)
2年間で決まった人は40~50万円くらい、3~4年の人は60~70 万円くらいです。
ただし、決まっていない人は入会金に更新費を加算した合計金額にて継続するのが一般的でしょう。

期限がない場合、決まるまで月会費や見合い費が必要である結婚相談所が一般的です。
(入会金は6~20万円、月会費は3千円~2万円、見合い費は5千円~2万円、成婚料は20~50万円くらい)
1年で成婚時35万円、2年で成婚時45万円、3年で成婚時55万円くらい、それ以後も1年ごとに約10万円前後が加算され、増額となります。ただし、ご成婚が決まるまで月会費や見合いがその都度必要です。そのため、2~3年も決まらないと費用が増額してしまい、30~40万円の総額を支払いながらも最後(成婚)まで続けないままに諦める方が多いのが現状です(この場合、成婚料はかかりません)。
※料金的には入会から成婚が決るまでどの程度の(合計費用)の料金が必要なのか、確認してください。1~2年くらいでご成婚が決まれば、料金の相場的には35~55万円くらいで設定してあります。

料金タイプ別 結婚相談所の比較

「パートナーを探すために、お金を支払うなんて…」とお思いになる方も少なくありません。しかし、いまや結婚相談所は一般的なもの。当社でも、毎月約800~1000名の方がご入会され、最高のパートナーを見つけるために活動されています。
とはいえ、「結婚相談所の詳細は知っていても、料金の相場が分からない」という方もいるのではないでしょうか。
プランなどによっても違いはありますが、一般的な料金の相場は、35~60万円くらいです(ご成婚が決まった時点の合計額)。

成婚料無料タイプ

成婚料が無料である分、入会金と月会費の合計額(2年間分)が27~40万円くらいに料金設定してあるところがほとんどです。 いわゆる結婚情報サービス会社型の業者に多く見られます。

メリット
成婚料が無料です。

デメリット
成婚料を含んだ程度の入会金と月会費の金額を料金設定してあります。 2年間の会員期限以内にお決めにならない時には、費用の負担が大きくなります。

入会金比重タイプ

入会金をお世話の費用の基本として設定し、ご成婚が決まった時に成功報酬(礼金)を支払う料金設定のタイプ。

メリット
月会費や見合い費が無料で、半年・1年・2年と安心してお決まりになるまで、お相手をじっくり探すことができます。 入会時の料金設定で、お決まりになるまでのトータル料金に大差(更新費のみ追加)がありません。 更新(再登録)があり、期限がないのでご結婚がお決まりになるまで入会金が保証されます。

デメリット
入会時に、入会金の料金をご結婚への価値観、そして結婚相談所の信頼性と照らし合わせて、見合う額かどうか判断する必要があります。 更新(再登録)は有料です(5千円~10万円くらい)。

入会金・月会費・礼金バランスタイプ

入会金(10~20万円くらい)と月会費をお世話の費用として、ご成婚がお決まりになった時に、成功報酬(礼金)を支払う料金設定のタイプ。

メリット
月会費が有料のため、入会金が少し安く設定されています。
見合い費が無料で、決まるまで安心してお相手をじっくり探すことができます。

デメリット
ご成婚がお決まりになるまでに2年3年とかかる場合があり、そのときはトータルで料金の負担が大きくなります。

入会金低額タイプ

入会金(5~15万円くらい)と月会費および見合い費をお世話の費用とし、ご成婚がお決まりになった時に成功報酬(礼金)を支払う料金設定のタイプ。

メリット
月会費と見合い費が有料なため、その分入会金が低料金に設定されています。
月会費と見合い費が設定で合理的で安心です。
成功報酬制ですので確実です。

デメリット
お決まりになるまでに、2年3年とかかる場合、20~30人とお会いになる場合もあり、そのときはトータルで料金の負担が大きくなります。

入会金無料タイプ

お世話の費用として月会費(5千円~2万円くらい)だけの料金設定です。
ただし、お決まりになるまでの月会費と見合い費、登録費など(1~3万円くらい)が必要になります。ご成婚がお決まりになった時に成功報酬(礼金)を支払う料金設定のタイプ。

メリット
入会金が無料です。
月会費は半年~1年くらいで決まれば、費用の合計額も低額(10~20万円くらい)です。成功報酬制ですので確実です。

デメリット
成婚が決まるまで、実費として月会費と見合い費が必要です。
月会費は半年~1年くらいで決まれば、費用の合計額も低額(10~20万円くらい)料金設定してあります。 ただし2年間の会員期限以内にお決まりにならない時には、費用の負担が大きくなります。

費用名目のご説明

登録費

登録費は1~12万円くらいです(無料のプランもあります)。
※基本的にご本人のデータのプライバシーをお守りし、結婚相談所としてのデータを作成するための費用です。

入会金

入会金は5~50万円ぐらい(無料のプランもあります)。
※基本的にはお決まりになるまでのお世話の費用として設定されています。良縁に対する価値観もあるため、入会金は成婚料との合計金額のバランスで決定することがほとんどです。

月会費

月会費は3千円から2万円くらいです(無料のプランもあります)。
※基本的にはお決まりになるまでのお世話の費用が月会費として設定されています。
月会費制は、互いにフィーリングを重視してしっかりとご交際してご結婚へ進まれるため、お決まりになるまでに2年3年とかかる場合がございます。 20~30カ月の月会費が必要となることもあり、トータルの料金でご検討する必要があります(JMCでは、月会費不要の結婚相談所をおすすめしております)。
(注)月会費不要の場合は、その分が入会金や見合い費の費用に加算されていることがほとんどです。

見合い費

見合い費は5千円~2万円くらいです(無料もあります)。
※基本的には昔ながらの見合い費はご紹介とお立会いの実費となっており安心です。
見合い費制は実費ですが、今はお決まりになるまでには少なくとも5~10人とお会いになるのが平均的です。
20~30人とお会いになる必要がある場合もあります(JMCでは、見合い費無料をおすすめしております)。
(注) 見合い費無料はその分が入会金や月会費の費用に加算されていることがほとんどです。

成婚料

お礼金は10~60万円くらいです(無料もあります)。
※成功報酬制のお礼金の額は入会金とのバランスで決められています。
基本的にはお決まりになったうえでお礼金を支払うシステムであれば確実で安心です。
成婚料無料のプランは、その分を入会金や月会費の費用に加算されています。

PAGETOP
Copyright (c) 結婚相談所JMC All Rights Reserved.